琵琶湖 灼熱

 

7月29日

 

 梅雨明け後、毎日猛暑のなか前回6月19日以来の琵琶湖へ

行ってきました。

この日の天気はくもり。午後から小雨程度の弱い雨。

午前中までの予定で、いつものレイクマリーナから出船。

今回の同船者も、家内の友人のご主人様。

今日も宜しくお願いします。

 

出船してみると、天気はくもり。ほぼ、ほぼ無風。

湖面がミラー状態となり、気温がグングン上昇。

蒸し暑く、灼熱地獄の環境の中、爺は体力を極端に消耗。

熱中症に気お付けて、水分補給を充分とりながらの釣りでした。

超キツいです、です(^_^;)

 

事前の琵琶湖情報では、六本柱から南はアオコ状態でほぼ、ほぼ

壊滅状態。

大橋南は、北湖からの綺麗な水が入り込んでいて、木浜浚渫エリア、

赤野井のアウトサイドが良い状態。

インサイドも赤潮状態で壊滅、との事。

 

と言うことで、木浜の浚渫付近から釣り開始。

この日のファーストフィッシュもご主人。小型バスをネコリグでキャッチ。

しばらく粘るも当たりなく、次のポイントへ。

 

次に入ったのは、赤野井のアウトサイド。

よさげなウィードを探しながら.....

すると、ご主人に待望のヒット

f:id:boatbasshirozizi1919:20170805223605j:plain

 

48cmのグッドコンディションのバス、です、です(^_^)v

爺はランディングのお手伝い。

やっぱり、ネコリグ。

しかも、くもり だったのでローライトに強い色のワームを選択。

これが、的中。お見事です、です。

また、高校生の娘さんがルアー型の大漁祈願のお守りを

買ってきてくれたそうで、早速、その御利益があった、とか。

いい娘さんな事。羨ましいです、です。

 

同じエリアを流していると、爺に本日最初の当たり.....

合わせるもスッポ抜け。

相変わらず、下手です

ベイトフィネスのネコリグを使用。どうも、巻き合わせが

できましぇーん.......

 

その間、ご主人は小型のバスを追加。

 

爺はベイトフィネスからスピニングのネコリグに変更。

しばらくすると、当たりが....

 

f:id:boatbasshirozizi1919:20170805225537j:plain

でッか、53cm 自己記録更新。いいバス君釣れてくれて有難う。

やっぱ、ネコリグ強し。

 

その後、木浜の浚渫に戻るも二人とも小型のバスが釣れたのみ。

再度、赤野井へ。

 

無風の為、ウィードの隙間 ポケットがはっきり確認できるので、

再び、爺はベイトフィネスのネコリグ、7.8Flic curlyをボッケトへ

すると、着底すると同時に当たり

合わせて乗るもウィードに潜られてラインブレイク。

ロッドが柔らかすぎる為、ウィードに負けてしまいました。

残念

次にロッドとタックルをパンチショット用に変更。

10gシンカーにジャッカル.チャンクローの組み合わせ。

その数投目にヒット。今度はウィードから出てきたものの

ジャンプさようなら......推定45cm?位かな.....残念

 

午後12時頃、相当の猛暑、二人とも体力も限界、

集中力は皆無。

ということで、これ以上続行は無理と判断。

西岸 名鉄沖を最後に終了しました。

 

猛暑の中、大変お疲れ様でした。

 

帰りの高速道路のSAで休憩した際、ローソンでソフトクリームを

二人で食べました。めちゃくちゃ、おいしかった です。

 

次回は9月に、長野県野尻湖

ご主人、初スモール挑戦だす。

もう、いまから、ワクワク ドギドキと帰りの車の中で盛り上がってました。

 

次回も宜しくお願いします。

 

 

琵琶湖マイボートデビュー4日目

6月17日

 

関東甲信越地方まで梅雨入りしましたが、空梅雨の天気が続く中、

約一ヶ月ぶりに琵琶湖に行ってきました。

 

この日も晴天で、琵琶湖にしては風の弱い予報。

この季節、夏至に向かって日に日に日中の時間が長くなっていきます。

なので、いつもよりも長めに釣りの時間を楽しむ事に(^^)/

さぁ、ワクワク、ドキドキのはじまり、はじまり。

 

今日の同船者は、前回一度同船頂いた家内の友人のご主人様。

今回は前回のリベンジをかねて同行頂きました。

 

お会いするのは今日で二回目ですが、とにかく行き帰りの車の中でも

ほとんど釣りの話題で大盛り上がり

とても気さくにお話できる方で、何時も楽しい時間を過ごさせて頂き

感謝、感謝です、です。

 

ご主人、実は一週間前にも奥様と琵琶湖へ陸っぱりプラに来られ

何と50up2本を寸前でバラシたそうですが、感触は良く、

気分も上げ上げ、だそうです。

この調子で今日も行きましょう(^^)/

 

午前7時 木浜 レークマリーナ から出船

f:id:boatbasshirozizi1919:20170621213651j:plain

 マリーナ水路から本湖へデッドスローで

f:id:boatbasshirozizi1919:20170621213813j:plain

 夏っぽい琵琶湖 朝一、晴天 ほぼ無風

暑くなりそうです、です。

 

最初のポイント

 

木浜の浚渫からウィードフラットのアウトサイドを流す。

しばらくすると、本日のモーニングバイトはご主人。

ライトリグで小型のバスがヒット。続けてもう1尾追加。

ウィードトップには小型のバスやギルが浮いているようで、

私にもギルバイトが......

大型のバスが釣れることを願ってポイント移動。

 

次に入ったのは、赤野井3mライン

 

ここまで、私と言えばHDを投げてました。

何となく釣れる気がしなかったのでネコリグに変更。

ウィードの中に落とし込むイメージで.......

すると、ギルバイトか? 続けて、コツン、とあたり

竿で聞いてみると、グングン、とワームを持ってく、持ってく

f:id:boatbasshirozizi1919:20170621220330j:plain

本日1本目 40up

周りの船も釣れている様子

 

すると、今度は明確に、コツン、とf:id:boatbasshirozizi1919:20170621220723j:plain

本日最大 44㎝ ブリブリ君 

 

ご主人は、ギルバイトに悩まされながらなかなヒットに持ち込めない状況

が続きます。

 

ポイト移動

前回良い思いをした 六本柱南側へ

しかし、藻刈りの影響?からか水質が悪化しており

釣れる感じがしない。

そこで、ご主人が陸っぱりプラしたポイントへ大きく移動。

 

そして、西岸自衛隊前付近へ

多くの陸ッパラーが水中で立ち込みしながら釣りをしており、

近づき過ぎないように注意しながら船を流す。

 

しばらくすると、ご主人の直リグをいきなり引ったくるような

明確な、ゴツン、というバイトが........

きた~、と思い大きく合わせ......しかし、

おしくもフッキングせず、ワームの一部が持ってかれていた。

残念

気お取り直して続けるも後が続かず、再びポイント移動。

 

時間はすでにお昼、湖上でランチタイムとすることに。

途中、操船を変わってもらって私もランチのおにぎりを食べ、しばしの休憩。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170621230538j:plain

そして、トイレ休憩のためマリーナへf:id:boatbasshirozizi1919:20170621230823j:plain

最後は、赤野井沖のポイントへ

 

私はネコリグ、ご主人は色々なリグを試してみることに。

しばらくすると、ご主人に待望のあたりが.......

しかし、ワームだけとられてフックアウト

なかなか乗りません。残念

 

その後も気お取り直して......

 

次に、しばらくすると私にあたり

f:id:boatbasshirozizi1919:20170621231718j:plain

3本目の40up

 

さらに

 

f:id:boatbasshirozizi1919:20170621231859j:plain

本日4本目

 

f:id:boatbasshirozizi1919:20170621232046j:plain

タイムアップ間際の 本日5本目

これで、リミットメイク達成。

 

晴天に恵まれた今回の琵琶湖。

やぁ、釣れてくれたバス君達 ありがとう

そして、同行頂いたご主人と楽しい釣りが出来たことに

感謝、感謝、です、です。

 

ご主人、次週はご友人の方々と再度、琵琶湖釣行との事。

こんどこそ、得意の釣り方でリベンジしてきて下さい。

今日もありがとうございました。

 

自然相手の釣り、釣れる時も釣れない時もそれなりの

楽しみ方で心が癒されることが最高です。

 

次回の釣行を楽しみに、心ワクワクウキウキ!!

 

[本日のヒットルアー]

 ①フリックカーリー4.8 ネコリグ 

  シンカー1/16

  フック:ダイワワッキー♯3

  ライン:フロロ6lb

     スピニングタックル使用

  

 

 

野尻湖マイボートデビュー

5月24日

 

いよいよ、待ちに待った野尻湖へマイボート持込の認可がでました。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526134251j:plain

野尻湖船舶許可証 登録No2○○ 

野尻湖漁場協力承認証 1回出船毎に3,000円必要の為、年券を購入。

 

今回は、持込希望者が多く抽選が行われました。

抽選に外れなくて良かったです、です(^_^)

 

いままで自宅保管していたボート牽引して、さぁ 野尻湖へ出発

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526135124j:plain

アルプスの山にはまだが残ってます。

牽引も慣れてきました。

自宅から野尻湖まで片道約280㎞。牽引して、高速道路の最高速度80㎞を遵守。

おおよそ、休憩時間を加味して約4時間のロングドライブ。

運転しながら、釣りのイメージがどんどん沸いて、ワクワク、気分は上げ上げ

でも、安全運転で行きましょう。

 

現地に無事到着

 

野尻湖釣行の際には、何時もお世話になっている「花屋ボート」さんで

船舶許可証と登録Noステッカー、漁場協力承認証を頂きランチングの準備。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170502092615j:plain

 

花屋ボートの桟橋へ

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526140924j:plain

 

いろいろと準備に時間が掛かり、

9時30分湖上へ

これからポストスポーニングが本格化する野尻湖、平日でも船が多く

良いポイントには入れましぇ~ン。

てな訳で、船の空いているポイントを探しながら

最初は 菅川の北岸シャローへ

続いて、水道局ワンド、琵琶島東側のシャローへ

 

琵琶島の東向かい側にJBTOP50五十嵐プロのガイド艇を発見。

その近くの邪魔にならないポイントへ移動。

暫く粘るもノーバイト........沈黙

そのすぐ北側のシャローに浮いていた船が

ロッドを大きく曲げているではありませんか。

(ネストを守る雄を釣っていると思われます。

シャローのいたる所に数多くのネストを確認。

雄のバスは雌が上がってくるのを待機している様子)

 

時間はすでに11時過ぎ

ここで、 一番人気の琵琶島に移動。

ネストのある一段下のブレイクをライトテキサスでスローに

すると、待望のコツ、コツと当たりが

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526145322j:plain

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526145434j:plain

野尻湖マイボートでの記念すべきファーストフィッシュは40㎝です、です。

 

その後は、沈黙

時間は午後12時30分

ここでお昼の休憩に桟橋へ戻ることに。

 

午後1時10分 再び湖上へ

午前に釣れたポイントが空いていたので、そこへ。

相変わらず、ネスト直撃の船はロッドを曲げて釣っています。

 

自分は、ネスト直撃はしません。

釣れれば人間は嬉しいかもしれませんが、

最大のイベントの産卵と、産卵後のベットを守る大事な

仕事を前に釣られると魚は弱ります。

結果、天敵から卵を守れず、将来の魚の個体もどんどん減少し

ひいては、釣り人に跳ね返ってきます。

長く釣り場環境を維持し、将来に渡って楽しい釣りができることを

考えなければ、と思います。

 

次にJHでネストの一段下のブレイクを探って暫くすると

ロッドが大きく曲がり、これは少しデカそう

ラインは2lbなので慎重に

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526151524j:plain

45㎝のナイスプリ

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526151651j:plain

ご満悦

それにしても、自撮りはムズイっす

 

その後、さらにJHに

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526151913j:plain

すこし、こぶり君を追加

 

周りに船が増え、風の向きがかわったタイミングで移動

 

キャンプ場前のシャローのポイントへ

風が当たり、フィーデングに上がってくる魚狙い。

暫くすると、JHに25㎝ぐらいがヒット。

その後、大崎のフラットをまわるも当たりなく、

最後のポイント琵琶島西側へ移動

 

帰着ランチングは午後3時30分

残り30分 

ここまで4本 出来ればもう1本追加したいと欲がでる、出る

再度、JHで様子をみる。

すると、当たりが

あわせるとロッドが大きく絞りこまれ、ボート手前に上がってくると

ここからがスモール君の強烈な突っ込みの繰り返しの始まり、始まり。

この突っ込みがたまりましぇ~ん

と、3回目の突っ込みで痛恨のラインブレイク....残ね~ん

魚君にJHを加えたままのダメージ ごめんなさい。

調子こいては駄目、ダメ

と言うことです、です。

それと、ちゃんと釣り上げてリリースして上げる事も

釣り人の責任です。反省、反省です。

それにしても、いつまで立っても、下手ッス。ガッカリ....

 

午後3時30分帰着

丘に船を上げてもらい後片づけ

f:id:boatbasshirozizi1919:20170526154054j:plain

 

一人でのんびり釣りが出来て感謝です。

釣れてくれた魚君にもありがとう。

「花屋ボート」さん、お世話になりました。

 

やっぱ野尻湖 癒されま~ス(^^)/

最高です、です。

 

さあ 安全運転で帰ろっと。

 

主なタックル

 ①BFライトテキサス

   ロッド:Molla MSGC-67LXF

   リール:ダイワアルファスKTF

   ライン:7lb

   シンカー:2.7gバレットシンカー

   フック:ノガレスリングオフセット#3

   ルアー:スタッガーオリジナル2.5インチ

 

 ②JHリグ

   ロッド:ダイワSTEEZ MISTRAL STZ641ULXS-ST

   リール:ダイワEXIST2506

   ライン:2lb

   シンカー:JH1/32~1/20

   ルアー:レッグワーム2.5インチ

   

琵琶湖マイボートデビュー3日目

5月16日

 

新緑がますます色濃くなり、気分も 上げ上げ わくわく 

季節になってきました。

 

わくわく の気分で琵琶湖へ行ってきました。

今日の同船者は、私の行きつけの釣具屋さん 

「フィッシング遊」プロスタッフチーフの村上さんです。

 

5月15日から始まった名神集中工事の影響を考慮して、

いつもより早めに出発し、無事レイクマリーナに到着。

早速準備を済ませて 

6時30分出船

今日は晴れのち曇り 風も1mから2mと弱い予報

穏やかな湖上

f:id:boatbasshirozizi1919:20170507232432j:plain

さすがに平日とあって、湖上はがら空き。

しかし、今週から東岸エリヤを藻刈りが実施されており、

湖上、水中は藻刈り後の藻が漂っている状況......

これが、どう釣りに影響してくるか

 

朝一は、いつもの赤野井沖からスタート。

出船して40分後ぐらいに 待望のモーニングバイトが村上チーフに

f:id:boatbasshirozizi1919:20170518205545j:plain

ネコリグに48.5㎝ 1500g ナイスフィッシュ

ええがね~

 

続いて、私にも きたきた f:id:boatbasshirozizi1919:20170518210100j:plain

ネコリグに50㎝ 1700g ナイスフィッシュ ですです

スピニング・ドラグ ジリジリ が たまりましぇ~ン(^_^)v

 

その後、またしても村上チーフにf:id:boatbasshirozizi1919:20170518210647j:plain

ジグHで 45㎝と43㎝の2本を連続キャッチ

この調子なら二人で二桁釣れるンじゃネ......と、デッキ上で

盛り上がり、気分は あげあげ だがね~

 

9時45分に西岸へ大きく移動

 

KKR沖→鳥居前沖 とまわるがノーバイト 沈黙の時間......

 

再度、赤野井沖へ戻るも 藻刈り作業が本格化しており

釣れる感じなし。30分ぐらい様子をみて移動を決断。

 

12時30分頃

次に入ったのは、六本柱南沖

風は微風、この微風を使ってボートを流しながら様子を探る。

 

そして暫く沈黙後、いい感じのウィードがあるエリヤにはいって

怒濤のラッシュ 開幕

まずは、やっぱりこの人 釣り上手いわ さすが ですです。f:id:boatbasshirozizi1919:20170518212530j:plain

ネコリグに47.5㎝

f:id:boatbasshirozizi1919:20170518212707j:plain

続いて、ジグHで 45㎝

次に少し小さい30㎝を

そして、最後は スイムジグに ドカン とf:id:boatbasshirozizi1919:20170518213639j:plain

49㎝のナイスフィッシュ

ブラボー ですです お見事。

 

で、私は と言うと

HDSのドラッキング でバイトがあるも スッポ抜け

続いて、ランデングネットの中に入った所でジャンプ....さようなら

50㎝くらいのでかい奴

今日は持ってない証拠で、

最後も コツン とバイト デカそうな予感

慎重にラインを送りこむも

スッポ抜け.....泣く

と言うことで 3本のミス。

まだまだ修行が足りない証拠です。

日々 精進します....

 

終わってみれば、私 1本 3本バラシ

村上チーフ 7本

合計 11本 と二桁 達成 ということにして終了。

 

楽しい一日でした。お疲れ様でした。

 

さぁ、名神集中工事中で各所で渋滞発生。

気お付けて帰ろ。

 

本日のタックル

  ①ネコリグ

   ロッド:fenwickゴールデン・ウイング GWT62SL P+J

   リール:ダイワカルディアKIX

      RCS2506エアスプール+ヘッジホッグスタジオフルベアリング12BB

      +Zipカーボンハンドル 使用

   ライン:フロロ6lb

   フック:ダイワ バザーズワームフックSS G・WKY#3

   ワーム:フリックカーリー4.8

   シンカー:1/16

 

 

 

 

 

琵琶湖マイボートデビュー2日目

5月5日

 

前日に引き続き、2日目の釣行をお伝えします。

 

本日は、家内の友人のご主人様とご一緒させて頂きました。

以前から、琵琶湖バスフィッシングに通われているそうですが、

ここ暫くは、お仕事が多忙のため琵琶湖に来る機会がめっきり

減ってしまっていた、との事。今回が超久々の釣行なので、

とても楽しみです、との事。

 

 

天気も穏やかな五月晴れ、思う存分に釣りを満喫して下さい。

 

早速に準備を済ませて、今日も木の浜「レークマリーナ」から

ランチング。

連日船を降ろしたい、とマリーナさんに話したら、無償で船を陸上保管します、

と言われ、預かってもらいました。

また、バッテリー充電も充電用チャージャー持参でやってもらえます。

こちらは1,000円掛かりますが、重いバッテリーを降ろしたり、乗せたり

する事を考えると、世話なしです。

その他、ガソリン補充は勿論できます(価格はマリーナ価格です)。

ビジターアングラーにはありがたいサービスで、

でら~いいじゃん(^^)/

 

午前6時30分 湖上へ。ドキドキ、ワクワクのスタートです、です。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170507223332j:plain

今日のポイントは、ご主人様がよく行かれるポイントを案内してもらいながら

ランガンする作戦。

 

ファーストポイントは、北山田沖。

前日にお兄ちゃんが釣ったポイントをチェック。

しかし、前日の爆風ボンバーの強風のせいなのか、

水の濁りが厳しい状況。

その後、シャロー側へ移動しチェックするもモーニングバイトはなく、

エリヤを大きく移動。

 

次に入ったのは、自衛隊前スロープシャロー。

ここも、水質はあまり良くない状況。

さすがGW、オカッパラーも多くポイントの邪魔にならないように

シャローをチェック。その後、少し沖へ流していくと、

ようやく爺に待望のモーニングバイト

f:id:boatbasshirozizi1919:20170507224500j:plain

3.5gライトテキサスに25㎝のかわゆいバスくん

これで同船のご主人様も一気にテンション上げ上げ です、です。

よーし、釣るぞ~ です、です。

しかし、二人ともあとが続きません。

 

その後、唐崎沖~KKR前と移動しながらチェックするもバイトは得られず。

いまの琵琶湖、そんなに簡単ではございません(-_-)

 

同船のご主人様も、いろいろなリグを試しながら思考錯誤が続きます。

がんばれー、です、です。

 

午前11時30分 

赤野井沖へ移動。

ここは、前日に爺が釣ったポイント。

前日同様、HDSでスローにボトムをチェック。

暫くすると、コツコツとバイト

f:id:boatbasshirozizi1919:20170507230053j:plain

45㎝、どえらい、いいがね~ ワクワク

 

その後、コツンとバイト。いままでにない強烈な引き。

ロッドが大きく絞りこまれて、なかなか上がってきません。

そして、

f:id:boatbasshirozizi1919:20170507230509j:plainf:id:boatbasshirozizi1919:20170507230703j:plain

50㎝、1900gのナイスプロポーション

思わず、「ヤッター」と興奮して叫んでしまいました。

2尾ともランディングを助けて頂いたご主人様、ありがとうございます。

今度は釣って頂く番ですよ、と願うばかりです、です。

 

その後、またまた、コツンとバイト。

やっぱり、同じく強烈な引きでロッドが大きく絞りこまれます。

しかし、次の瞬間、ボート近くでジャンプ一発

バレた~..... 残念

 

それまで周りに船は居なかったのですが、気付けば10艇ぐらい

あつまってました。恐るべし。

 

本日、最後のポイントへ。

赤野井シャロー。

1時間ほどチェックするも、残念ながら2人ともノーバイトにて終了時刻と

なりました。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170507232432j:plain

広大な琵琶湖南湖より、琵琶湖大橋を望む。

穏やかな天気のうちに、2日間無事に終了。

心癒されました。ありがとうございました。

 

そして、最後まで諦めず頑張って頂いたご主人様、本当にお疲れ様でした。

いままでご友人のボートで琵琶湖へ出られ、数々のビックサイズを

釣られているそうですが、釣りスタイルがシャロー、表層系が

メインとの事。今回、ディープの釣り方の勉強になりました、との

お言葉を頂戴しました。

次回、また一緒にリベンジする事をお約束し、楽しい一日でした、

と締めくくって頂きました。

 

ほんとうに、ありがとうございました。

 

主なタックル

 ①HDS

  ロッド:ダイワBL+6101MFB

  リール:ダイワスティーズ6.3

  ライン:12lb

   シンカー:7g

  フック:ノガレスリングオフセット1/0

  ルアー:スタッカーオリジナル3.5インチ

 ②ライトテキサス

  ロッド:MOLLA MSGC-67LXF BF

  リール:ダイワアルファスKTF

  ライン:10lb

  シンカー:3.5g

  フック:ノガレスリングオフセット2/0

  ルアー:スタッカーオリジナル3インチ

   

 

 

 

琵琶湖マイボートデビュー初日

5月4日

 

新緑の五月晴れが心地よいGW真っ最中。

ついに琵琶湖マイボートデビューしました。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170506221327j:plain

デビュー初日の釣行の模様をお伝えします。

 

初日は、我が家の頼りになるお兄ちゃんが、爺一人では心配だから、

と行って同行してくれました。ありがとうしゃ~んm(_ _)m

 

ランチングは、木の浜にある「レークマリーナ」から。

このマリーナはビジターでも当日予約なしでボートのランチングを

受付てくれます。当初、志那漁港に行こうと思ってましたが、

初心者一人で全部のランチング作業は大変だから、と言うことで

山中湖センターフィールドの中原店長から紹介してもらったマリーナです。

実際に、全部の作業をマリーナの方にやってもらえたので

初心者の爺にとっては、とても安心でした。

 

利用料は、3,240円(消費税込み)

 

準備を整えて午前6時30分、出船。ドキドキ、ワクワク.....

 

湖上にでたものの、ポイント情報が全くの皆無。

且つ、さすがGWと言うことで湖上は、船、船、船...f:id:boatbasshirozizi1919:20170315161853j:plain

この地図を頼りにマリーナから近いポイントへ。

でも見渡す限り各ポイントは大船団、入る隙間なし状態。

 

ようやく入れそうな赤野井沖のポイトへ入る。

ボートを南に流しながら、モーニングバイトは、お兄ちゃん。

が、惜しくもスッポ抜け....ざんね~ン(^_^;)

 

そのすぐ、直後に爺に待望のアタリ...

HDSで、琵琶湖記念すべきファーストフィッシュは30㎝f:id:boatbasshirozizi1919:20170506225213j:plain

まさか、まさか、釣れてくれてありがとう。

モーニングバイトが どえらい、ええがね~(^_^)v..

 

その後アタリは続かず、ポイント移動。

 

二カ所目は、北山田沖。

魚端にはベイトが映りいい感じ。

 

すると、しばらくすると、またまた お兄ちゃんにアタリ。

今度は、バラシませんヨ。ドラグがジリジリ...

JHで本日のファーストフィッシュは45㎝のナイスバス。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170506230344j:plain

カッコいいバスです、です。

これもまた どえらい、ええがね~(^_^)v..

 

しかし、ここでも後が続きません.....

 

10時30分を過ぎたころから、急に東南の爆風ボンバーの強風が

吹きだし、釣りになりましぇ~ン。

まだ未熟な爺の繰船では危険すぎる風。

この時期、琵琶湖の特徴の爆風は聞いてましたが、超チビしいッス(^_-)

 

なんとか風裏をさがして避難。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170506231351j:plain

木の浜シャローへ退避。

ここで、しばらく粘るもノーフィッシュ。

 

結局、明日のことを考えて早めに切り上げる事に。

 

そして、午後1時30分マリーナに帰着。無事にランチング。

一回でボートをトレーラーに乗せることができ、ホット一息...

 

こうして、記念すべき琵琶湖マイボートデビューはドキドキ、ワクワク

のうちに無事終了しました。

 

待望の魚も釣れ、広大な琵琶湖をボートで疾走。最高でした。

こんな素晴らしい時間を過ごせたことに感謝、感謝です、です。

 

HDSタックル

 ロッド:ダイワB+6101MFB

   リール:ダイワスティーズ6.3

 ライン:12lb

 シンカー:7㌘

 フック:ノガレスリングオフセット1/0

 ルアー:スタッカーオリジナル3.5インチ

 

 

 

 

 

 

 

野尻湖スモールマウスバス解禁

4月30日

 

今年も解禁になりました。長野県・野尻湖スモールマウスバス。

 

スモール大好き爺には、この時期に毎年行って釣りをする事で

自分の釣りモードも一層アップしていくのです(^_^)v

 

という事で、野尻湖レンタルボート店から

ふあっと丸 丸ちゃんガイド で出撃

f:id:boatbasshirozizi1919:20170502092615j:plain

(ガイドの詳細は、ふあっと丸 ホームページにアップされてます。

一度、ご覧下さい。)

 

前日の午後に全国的に大荒れの天気と、空気中の黄砂を含んだ

雨の影響で湖の状況は激変。まるで、秋のターンオーバーで水質

が悪化し泡プク、プク状態。ベイトとなるワカサギはいるけど

バスがいない、いない、バー 状態。

f:id:boatbasshirozizi1919:20170502101151j:plain

(妙高山が黄砂で霞んでる感じ)

 

ガイドさんと二人で「釣れネッス」を連発。

そんな時は、気分転換の 爺の駄洒落 連発。

よけいに、シラー、シラーのシーラカンス ってな感じで(>_<)

 

いろんなポイントをランガンするも、モーニングバイトの1尾で終了。

 

f:id:boatbasshirozizi1919:20170502101352j:plain

(45㎝ 1370g のナイスポロポーション)

 

でも、最高気温24℃、晴天、ほぼ風なしのポカポカ春の陽気に

心も身体も癒された良い一日でした。

 

釣れてくれた 野尻湖スモールマウスバス くん ありがとう。

 

毎回、ガイドさんに悪い所を指摘してもらって、自己修正しないと

釣りは上手くならないッス。なので、自分の中ではガイドさんに

乗ることで自分では気が付かない事に きずかされる は絶対に

必要だと思ってます。

爺はどんどん頭が固くなって、アジャスト 力はどんどん急降下。

アジャスト どころか、アジャパー はどんどん急上昇だがね。

 

日々精進あるのみ。また、次回チャレンジしや~ッス。

 

使用タックル

  ロッド:ダイワSTEEZミストラル641ULXS-ST

  リール:ダイワイグジスト2506

  ライン:フロロ2lb. 

  リグ :JH1/32~1/20oz

  ルアー:ゲーリー レッグワーム